眼科のお仕事を知ろう

眼科で働くメリットや給与事情を確認しよう

人気が高い眼科で働こう!

新着記事

働くメリットや給与について

外来が中心で夜勤がない眼科で働くメリットと給与事情について見ていきましょう。夜勤がない分、他の診療科よりも給与が低いイメージがありますが、クリニックや大学病院なら給与水準が高めに設定されているのでそれほど差はありません。

働くメリットや給与について

家庭と両立しやすい

眼科で働くメリットは何といっても「夜勤がないこと」でしょう。残業もほとんどなく、日曜日や祝日にしっかりと休みが取れるので育児中の人や家庭と両立したい人におすすめです。また、患者さんの生死に関わる重篤な急変がほとんどないため、精神的に追い詰められることもありません。ですが、大学病院など入院設備があるようなところは夜勤もありますし、手術の件数が多いところは残業になる場合もあるので、すべての眼科が「夜勤なし・残業なし」になるわけではありません。

人間関係のストレスが少ない

検査が多い眼科では患者さんと接する時間が長いため、一般の病院に比べて他の看護師や医師と連携することはほとんどありません。密な人間関係にならないのでトラブルが少なく、ストレスを溜め込んでしまうこともないので、看護師として働きやすい環境です。

体力的な負担が少ない

患者さんの体を起こしたりトイレまで付いて行ったりなどの介助も看護師の仕事ですが、眼科の場合は目が不自由なだけで身体の健康を害しているわけではないので体力を必要とする力仕事はほとんどありません。

専門知識が身につく

眼科は検査の種類が多く専門の機器を扱っているので、それらを使いこなすためには専門知識やスキルを磨かなければなりません。患者さんと接したり日々の仕事をこなしていくうちに自然と専門スキルが身についていきます。

眼科の看護師として働く魅力としては、眼科という特殊な専門領域で眼科でしか使用されない器具や器械などを使うことができることです。
一般病棟では、使うことのない器具や器械を使うことができるということは、特別な科の専門職として働く魅力があります。

nursemiruから引用

眼科で働く看護師の仕事内容や役割、メリットだけでなく必要なスキルや眼科に向いているタイプなどを紹介しているコラムです。 眼科で働くメリットを詳しく知る nursemiruサイト

給与事情について

眼科には夜勤手当など給与以外に特別な手当てがついているわけではないので他の診療科に比べてずば抜けて給与が高いというわけではありません。ですが、眼科は他の診療科よりも利益が出やすいためクリニックなどの眼科を専門としているところは総合病院の看護師に比べて給与は高めです。
具体的に数字で見てみると、眼科の看護師の平均月収は33万3,900円、平均賞与は79万9,900円、そして平均年収は480万6,000円でした。夜勤や残業がある場合はその分が上乗せされるのでもう少し高くなりますが、看護師の平均年収は478万円~500万円ほどといわれているのでそれらの手当てがなくてもそれほど大差がないことが分かります。

眼科で働きたい!